天皇賞秋2020 追い切り考察

最終追い切り

アーモンドアイ(ルメール)

1週前 美浦南W良 65.0-50.7-37.7-12.8
最終  美浦南W良 64.6-50.1-36.8-12.5

1週前追い切りでは少し重そうなフットワークだったので心配したが最終追い切りでは馬の手応えもよく鞍上のGOサインに素早く反応していて上々の仕上がりに感じた。この馬は精神的にも肉体的にも完全に休み明けの方が走るタイプである。前半の5Fが59秒以上で通過してくれれば間違い無く勝つだろう。

ウインブライト(松岡正海)

1週前 美浦南W良 67.6-52.3-37.9-11.7
最終  美浦南W良 68.8-53.9-39.9-12.5

長期休養明けであるが1週前、最終と動き的にはそこまで動き的には重たさは感じない。調教パターンもこれまでと同様であり、後は実戦に行ってどこまでか。

カデナ(三浦皇成)

1週前 栗東坂路良 55.5-39.3-25.5-12.9
最終  栗東坂路良 55.4-39.5-25.5-12.7

今までと同様1週前、最終共に坂路での追い切り。そこまで調教で動くタイプではないとは言え、最終追いでは鞍上に促されながらも最後の反応がイマイチであった。メンバーも強力になる今回は様子見か。

キセキ(武豊)

1週前 栗東坂路良 52.5-37.9-25.1-12.7
最終  栗東坂路良 53.0-38.0-24.7-12.4

今回は1週前、最終と坂路で追い切っており今までと調教パターンを変えてきている。調教内容自体は全体時計も良く終いの動きも上々であり、体勢整ったように見える。ゲートと折り合いさえ上手くいけば好勝負が期待できるだろう。

クロノジェネシス(北村友一)

1週前 栗東CW良 83.4-66.0-50.5-37.3-12.2
最終  栗東CW良 84.6-67.3-52.4-38.6-12.4

今まで同様1週前、最終共にCWコースでの追い切り。休み明けという事もあるのか今までの調教と比べると終いのタイム自体は出せてないが馬のフットワークはまとまりが出てきたように感じる。

ジナンボー(M.デムーロ)

1週前 美浦南W良 80.8-65.8-51.4-38.1-12.7
最終  美浦南W良 69.6-54.5-40.3-13.8

今までと同様1週前、最終と南Wコースでの追い切り。最終追い切りのタイムがあまり良く無く不安の残る内容。今回のメンバーでは流石に厳しいだろう。

スカーレットカラー(岩田康誠)

1週前 栗東CW良 82.8-66.0-50.1-36.4-11.4
最終  栗東CW良 83.7-66.6-51.4-37.2-11.6

今までと同様1週目、最終とCWコースでの追い切り。調教で動くタイプであるが、2週続けて好タイムをマークしており素晴らしい動きを披露。フットワークも良く、鞍上のGOサインに対しての反応もよく状態自体はすこぶる良く感じられる。後は相手関係次第だが人気をしないようならば穴で狙ってみるのも面白いかもしれない。

ダイワキャグニー(内田博幸)

1週前 美浦南W良 71.0-55.5-40.8-13.2
最終  美浦坂路良 54.3-39.1-25.1-12.5

毎日王冠時と同様の調教パターン。調教を見た限りでは前回からの上積みという部分では多少疑問の残る内容。東京コースはめっぽう走るなだけに馬券的に取捨選択が難しいのでもう少し吟味したい。

ダノンキングリー(戸崎圭太)

1週前 美浦南W良 67.1-52.7-38.6-12.6
最終  美浦南W良 67.0-52.5-38.8-12.9

今までと同様の調教パターン。最終追い切りを見る限り近走の追い切りより馬の重心が後駆の方に乗っていなくバランスの悪いフットワークになっており状態は悪いように見える。今回もある程度人気をしそうなので切っても良いのかもしれない…

ダノンプレミアム(川田将雅)

1週前 栗東CW良 82.3-65.4-51.4-37.4-11.7
最終  栗東CW良 83.6-67.2-52.1-37.8-12.1

去年の天皇賞秋の時と同様の調教パターン。調教駆けするタイプではあるが今回もしっかり動いており上々の内容。当日のテンションは鍵にはなるが、使い込むと悪くなるタイプなだけに休み明けの今回は買いである。軸にはしにくい馬ではあるが持っている能力はこのメンバーでも通用するレベルにある。人気が下がる今回は一発狙っても面白いかもしれない。

フィエールマン(福永祐一)

1週前 美浦南W良 68.0-52.4-38.2-12.1
最終  美浦南W良 67.6-51.9-37.3-12.4

今までと同様の調教パターン。調整過程で一頓挫あったはものの調教のタイムと動き自体は文句のない出来にある。戦績から長距離タイプの馬と見られているが、自分からすれば、馬の気性の面や体型から見てもむしろ中距離で活躍するタイプだと思っているので今回は狙い目かもしれない。

ブラストワンピース(池添謙一)

1週前 美浦南W良 82.4-67.1-53.0-38.8-12.6
最終  美浦南W良 69.9-53.3-39.0-12.4

今までと同様の調教パターン。調教は近走と同等の水準の動きであった。この馬は身体的な能力はあるが、5歳になった今も精神的な幼さがありレースに行って能力を発揮しきれない事が多いように感じられる。馬券的にはなんとも買いにくい1頭だ。
良かったらワンクリック頂けるとブログ運営の励みになります!
タイトルとURLをコピーしました