クイーンS2020 予想

予想見解

今週は唯一の重賞となりました札幌の牝馬重賞クイーンSの枠順から見ていきましょう。

有力どころであるスカーレットカラーは絶好の2枠、コントラチェック、フェアリーポルカは5枠とそこまで極端な枠には入りませんでした。調教の良かったサムシングジャストは8枠に入ってしまったので極端な競馬をせざるを得なさそうですね。


最強競馬ブログランキングへ

◎スカーレットカラー
最終追い切りで素軽いフットワークで5F66.3-1F12.6で僚馬ユキノフラッシュと併入。馬の動きも良く枠も内目の2番枠を引けたのも良かった。ヴィクトリアマイルで負けたのは高速決着で展開が向かなかっただけであり、パワーのいる札幌の洋芝は絶好の舞台だ。

○ビーチサンバ
最終追い切りは僚馬レッドアネモスに5F2馬身先行で1F併せで併入。追ってからの反応はそこまで良くないが、時計的に十分だ。今までマイルを中心に使っていたが少し距離の短い印象があったので1ハロン伸びる今回は良い

▲フェアリーポルカ
最終追い切りは3頭併せで前に2頭見る形で直線に入り並びかけてから手綱をそこまで動かすことなく僚馬のタイセイモナークに2馬身、ソウルトレインに1馬身先着した。前走,前前走と違う条件でG3を勝てているので能力は十分だが、はじめて56kgを背負うのが割引材料だ。

△オールフォーラヴ
最終追い切りは芝コースで5F62.5-1F11.8と好時計をマーク。併せた僚馬アルテラローザに半馬身先着。馬の状態は良さそうだが長期休養明けがどう出るかが鍵だ。消耗戦でのレースでの実績は十分であり馬体が絞れてくれば面白い。

☆サムシングジャスト
芝コースで5F59.7-1F12.3とかなりの猛時計をマーク❗️鞍上の武豊のコメントからも馬の状態の良さが窺える。外枠に入ってしまったのが気がかりだが、今が充実期でこの勢いのまま重賞制覇まであるか!?


最強競馬ブログランキングへ
タイトルとURLをコピーしました