マイルCS2020 追い切り考察

最終追い切り

 

アウィルアウェイ(藤岡康太

1週前 栗東坂路良 52.5-38.0-24.9-12.6
最終  栗東坂路良 53.2-38.2-25.0-12.6
今までと同じ調教パターン。調教の動きからも上積みがあるとまではいかないがスプリンターズS時と同じくらいの出来にあるだろう。距離延長は割引材料か。

アドマイヤマーズ(川田将雅)

1週前 栗東CW良 84.4-67.4-52.6-38.9-13.0
最終  栗東CW良 82.8-66.6-52.1-38.7-12.2
安田記念時と同じ調教パターン。調教のフットワークも良く、あえて休み明けを1400で使った分前進気勢が今まで以上に感じられ上積みは大きいだろう。過去にはグランアレグリアにも過去2回先着しており能力自体は確かだ。人気を落とす今回は狙い目であることは間違い無いだろう。

インディチャンプ(福永祐一)

1週前 栗東坂路良 50.8-37.2-24.5-12.8
最終  栗東坂路良 52.3-38.3-24.6-12.2
今までと同じ調教パターン。調教では動くタイプであるが、近走と同等の水準レベルの動きはしているだろう。もともと叩き良化方であり、一頓挫ありスプリンターズSを回避し休み明けでのこのメンバーとなると苦戦は必至か。

ヴァンドギャルド(戸崎圭太)

1週前 栗東CW良 70.3-54.0-38.9-12.3
最終  栗東芝良  67.3-51.9-37.3-11.4
東京新聞杯と同じ調教パターン。近走の調教から比べても馬の状態自体は良くなっているように見受けられる。藤原厩舎であり叩き2戦目は確実に状態は上がってくる。後は当日のテンション次第であり返し馬まで見極めたい。

カツジ(池添謙一)

1週前
最終  栗東CW良 81.5-65.8-51.5-37.8-11.7
調教はいつも通り変わらずといった印象。前走は京都コースで流れに乗って逃げ切れたが阪神では簡単には逃げ切れないだろう。

グランアレグリア(C.ルメール)

1週前 美浦南W  69.2-54.2-39.5-13.4
最終  美浦芝良  64.9-49.7-36.1-11.7
芝での最終追い切りは初パターン。調教自体は及第点の動きではあるが能力は1枚抜けているだろう。乗り難しい所もあり、本来は天栄仕上げで休み明けの方が良い馬だけに中6週でのここは多少の不安は残る。距離や条件自体はベストの舞台だ。

ケイアイノーテック(津村明秀)

1週前 栗東坂路良 50.7-37.4-24.8-12.5
最終  栗東坂路良 54.9-39.3-24.6-11.9
いつもと同じ調教パターン。近走の調教と変わらずといった印象。

サウンドキアラ(松山弘平)

1週前 栗東坂路良 56.9-41.3-26.6-12.6
最終  栗東坂路良 52.7-37.6-24.3-11.9
近走と同じ調教パターン。最終追い切りも終始馬の手応えも良い中で終いも11.9とまとめてきた。前走は不甲斐ない競馬に終わったが、馬場の悪いところを通らされたのも影響しただろう。軽視は禁物だ。

サリオス(M.デムーロ)

1週前 美浦南W良 82.4-66.8-52.6-38.8-12.6
最終  美浦南W良 65.0-50.3-36.8-12.9
ダービー時の調教と同じパターン。終いの時計はそこまで出していないが、終いで僚馬を突き放しており、好印象の調教内容。大型馬であり休み明け使った分の上積みも見込め、距離的にも今回がベスト条件だ。打倒グランアレグリアといったところか。

スカーレットカラー(岩田康誠)

1週前
最終  栗東CW良 81.6-65.4-51.1-37.7-12.1
及第点の内容。阪神変わりでマイル条件に変わるのはプラス材料だが相手強化でどこまでか。

タイセイビジョン(石橋脩)

1週前 栗東CW良 82.4-68.1-53.6-39.7-12.5
最終  栗東CW良 52.3-37.9-11.9
2週連続CWコースでの追い切りと調教パターンを変えてきた。調教ではそこまで動くタイプでは無いが、もう少し動いてほしかった印象。阪神での実績は十分であり、コース条件は歓迎。

ベステンダンク(藤岡佑介)

1週前 栗東坂路良 54.0-39.3-25.7-12.5
最終  栗東坂路良 52.6-38.3-24.7-12.2
今までと同じ調教パターン。調教では動かないタイプだが今回は水準以上に動いており上積みはかなり大きそうだ。8歳にして初G1挑戦となるが良い状態で臨めそうだ。

ペルシアンナイト(大野拓弥)

1週前 栗東CW良 82.2-65.7-51.4-37.7-12.0
最終  栗東CW良 83.9-67.4-52.0-37.9-11.8
去年のマイルCS時と同じ調教パターン。1週前、最終と水準以上の時計をマーク。年齢的にも上積みはそこまで見込めないが、叩き良化型なのは間違いない。

メイケイダイハード(酒井学)

1週前 栗東坂路良 54.4-39.0-25.0-12.2
最終  栗東坂路良 52.4-38.4-24.9-12.4
今までと同じ調教パターン。調教自体も水準並みの動き。近走の成績からも一変は見込めないだろう。

ラウダシオン(武豊)

1週前 栗東CW良 78.4-64.2-50.9-37.8-12.4
最終  栗東CW良 82.6-66.5-51.6-37.8-12.1
今までと同じ調教パターン。調教は水準並みの動きを見せているが今回は初めての在厩調整で精神的な状態が少し気がかりではある。当日の返し馬まで吟味したい一頭だ。

レシステンシア(北村友一)

1週前 栗東坂路良 51.9-36.6-23.5-11.6
最終  栗東坂路良 52.0-37.0-23.9-12.0
今までと同じ調教パターン。調教で動く馬であるが休み明けでも重さを感じない動きであった。骨折休養明けではあるが動ける状態にあると見て良い。今の阪神の高速馬場も合うと見て良いだろう。

明日の厳選馬は競馬ランキングの方に載せています!!(現在772位あたり)


最強競馬ブログランキングへ

タイトルとURLをコピーしました