ジャパンカップ2020 追い切り考察

最終追い切り

アーモンドアイ(ルメール)

1週前 美浦南W良 67.4-52.7-38.6-12.4
最終  美浦南W稍重 67.9-52.1-38.1-12.8
これまでと同じ調教パターン。調教のタイム的にもヴィクトリアマイルから中3週で臨んだ安田記念の時と同じ出来くらいか。正直言うと天栄調教の中3週での叩き2戦目となると馬券的に本命は打ちづらいか。史上初の8冠を達成した今回は競馬ファンのための1戦では無いか。無事に帰ってきて繁殖にあげる事が第一優先だ。

カレンブーケドール(津村明秀)

1週前 美浦坂路良  50.2-36.8-24.9-13.1
最終  美浦坂路稍重 51.5-37.4-24.5-12.4
前走と同じ調教パターン。最終追い切りのタイム、ストライドともに前走以上の動き。今の東京の馬場も合いそうであり4歳にして馬も本格化してきたのでは無いか。

キセキ(浜中俊)

1週前 栗東坂路良 52.4-38.3-24.9-12.3
最終  栗東坂路良 52.5-37.5-24.6-12.4
前走と同じ調教パターン。1週前、最終と年齢を感じさせない良い動きを披露。今年の東京の特殊な馬場もこの馬にとっては有利になる。面白い1頭だ。

クレッシェンドラヴ(内田博幸)

1週前 美浦南W良  66.8-51.6-38.4-13.1
最終  美浦南W稍重 67.4-52.4-39.1-12.9
これまでと同じ調教パターン。タイム、動きともに及第点の内容。メンバー強化でどこまでやれるか。

グローリーヴェイズ(川田将雅)

1週前 美浦南W良  65.5-51.0-37.3-12.5
最終  美浦南W稍重 66.3-52.2-38.1-12.3
これまでと同じ調教パターン。最終追い切りでは追ってからの反応もよく調子の良さを窺える内容。2400mは4戦3勝と距離適性は確かだがこの馬は後肢が悪く、坂のあるコースであまり成績が残せていないのが気がかりではある。

コントレイル(福永祐一)

1週前 栗東CW良 81.8-66.3-51.4-38.0-12.1
最終  栗東坂路良 53.3-38.7-24.7-12.2
これまでと同じ調教パターン。1週前追い切りでは僚馬に遅れをとったが最終追い切りでは本来の動きを披露。菊花賞からのローテーションで厳しい部分はあるが、馬の能力では3強の中で一番であると感じる。

デアリングタクト(松山弘平)

1週前 栗東CW良 81.3-66.0-51.3-37.7-12.0
最終  栗東坂路良 54.7-39.7-25.7-12.7
これまでと同じ調教パターン。1週前、最終とリズムよくタイム、フォームともに合格点の内容。テンションが上がりやすいタイプなだけに上積みは見込めそうだが、当日のテンションは鍵になるだろう。53kgで出れるあたりは有利であり、返し馬まで見極めたい1頭だ。

トーラスジェミニ(田辺裕信)

1週前
最終 美浦坂路稍重 52.4-38.3-25.4-13.1
これまでと同じ調教パターン。調教、タイムともにこれまでとあまり変わらない印象。逃げてどこまでか。

パフォーマプロミス(岩田望来)

1週前 栗東坂路良 52.3-38.5-25.0-12.6
最終  栗東坂路良 53.8-38.7-24.8-12.2
これまでと同じ調教パターン。調教のタイムからも順調そのものといって良いだろう。8歳なのでそこまで変わり身には期待できないが、これまで安定な走りを見せており東京コースには適性もありそうだ。

マカヒキ(三浦皇成)

1週前 栗東CW良 96.0-80.4-65.8-51.8-37.9-11.9
最終  栗東坂路良 52.9-39.1-25.6-12.6
札幌記念を回避し8ヶ月の休み明けとなるが、水準以上の動きをマークし状態は整ったとみて良いだろう。JCでは2回4着にもきており東京2400への適性はあるとみて良いだろう。

ミッキースワロー(戸崎圭太)

1週前 美浦南W良  67.1-52.6-38.9-12.9
最終  美浦南W稍重 67.9-52.9-39.1-12.8
これまでと同じ調教パターン。時計的には平凡な内容。叩き2戦目で馬が変わってきそうな印象はある。

ユーキャンスマイル(岩田康誠)

1週前 栗東坂路良 53.8-39.1-25.7-13.0
最終  栗東坂路良 57.9-42.1-27.3-13.5
1週前、最終と時計は平凡だが日曜日にCWコースで追い切っているので態勢は整ったとみて良いだろう。前走の内容は案外だったが休み明け、トップハンデだったことも影響しているだろう。叩いた今回は上積みが大きいとみて良い。

ヨシオ(勝浦正樹)

1週前 栗東坂路良 53.9-38.9-25.3-12.6
最終  栗東坂路良 51.5-37.9-25.2-12.9
時計的にも平凡な内容。逃げ宣言をしているが流石に能力的にここでは通用しないだろう。

ワールドプレミア(武豊)

1週前 栗東坂路良 52.1-38.2-24.9-12.8
最終  栗東坂路良 55.8-40.5-26.4-12.9
日曜に負荷のかけた調教をしており、動き的には態勢は整ったとみて良い。11ヶ月の休み明けということもあり、有馬記念の前哨戦といった立ち位置でみて良いだろう。

応援していただける方はワンクリックして頂けるとプチ励みになります!!


最強競馬ブログランキングへ

タイトルとURLをコピーしました