チャンピオンズカップ2020 追い切り考察

最終追い切り

クリンチャー(三浦皇成)

1週前 栗東CW良 85.2-69.3-54.5-40.4-13.0
最終  栗東坂路良 52.2-38.6-25.1-12.7
マーチS時と同じ調教パターン。全体時計、動きともに絶好。ダートに舞台を移してから堅実に走っており、メンバーの強くなる今回も戦える状態は整ったとみて良いだろう。

サンライズノヴァ(松若風馬)

最終 栗東坂路良 54.6-39.6-25.4-12.5
中2週栗東坂路での最終追い切りでは動きは良かったが全体のタイムは少し遅かったように感じる。距離延長も割引材料。

アナザートゥルース(M.デムーロ)

1週前 美浦南W稍重 66.5-51.2-38.0-12.9
最終  美浦南W良  66.8-52.4-39.1-12.5
去年のアンタレスS時と同じ調教パターン。時計自体はそこまで速くなかったが、動き自体は悪くなかった。6歳と言うこともあり、調整過程については問題ないだろう。

アルクトス(田辺裕信)

1週前 美浦坂路稍重 51.6-37.3-24.3-12.3
最終  美浦坂路良  51.1-37.0-24.5-12.4
今回は今までの調整過程と違い1週前、最終と坂路で調整をしてきた。最終追い切りでは僚馬を追いかけて登ったが1番時計も出しており状態の良さが窺える。状態は過去で一番といっても良いだろう。

インティ(武豊)

1週前 栗東CW良 83.8-67.2-51.8-37.7-11.8
最終  栗東CW良 82.0-66.6-52.3-38.4-12.1
今回は2週続けてCWで追い切ってきたが、最終追い切りは、楽な手応えで余力十分の動きを披露。馬の状態は良さそうだ。心身の状態が噛み合えば復活もあるかもしれない。

エアアルマス(松山弘平)

1週前 栗東CW良 82.8-67.0-52.6-388.1-12.0
最終  栗東坂路良 53.5-38.7-24.8-11.9
近走と同じ調教パターン。最終追い切りの坂路は全体時計はそこまで速くないが終いの動きは良かった。ある程度の位置で運べればこの馬の本来の力は発揮できそうだ。

エアスピネル(福永祐一)

1週前 栗東坂路良 52.7-38.8-25.6-12.8
最終  栗東坂路良 53.2-39.0-25.4-12.5
今までと同じ調教パターン。時計は水準並だが僚馬からは少し遅れをとったのは気がかりだ。ダートはキャリア3戦目でまだそこは見せていない。

カフェファラオ(C.ルメール)

1週前 美浦南W稍重 81.5-66.2-52.2-38.1-12.1
最終  美浦南W稍重 68.8-53.1-39.0-12.5
今までと同じ調教パターン。僚馬に半馬身遅れたが遅れたが馬なりで及第点の内容。前走前の調教でしっかり乗り込んでいるので今回は調整程度といったところか。ルメール騎手が継続して乗ってくれる点も心強い。


競馬ランキング

クリソベリル(川田将雅)

1週前 栗東坂路良 52.6-38.5-25.0-12.4
最終  栗東坂路良 54.0-39.4-25.2-12.5
今までと同じ調教パターン。この馬にしては少し足捌きが悪く後肢の踏み込みが緩いように感じる。騎手の追い切り後のコメントも辛口。能力は一番なのは間違えないが状態はなんとも言えない。

ゴールドドリーム(和田竜二)

1週前 栗東CW良 81.2-64.3-49.7-37.0-11.8
最終  栗東坂路良 51.7-37.7-24.5-12.1
今までと同じ調教パターン。さすがGⅠ5勝馬だけあって年齢を感じさせない動き。最後も鋭く伸びており。気配上々。中央競馬の広いコースでは安定して走っているので再度期待したい内容だ。

サトノティターン(藤岡康太)

最終  美浦南W良 67.7-52.7-39.1-13.0
今までと同じ調教パターン。跳びの大きい馬で多少チップにとられたところもあるが終いの時計も遅くなってしまった。良いころの比べるとそこまでか。

タイムフライヤー(藤岡佑介)

1週前 栗東CW良 86.3-68.653.1-39.1-12.5
最終  栗東CW良 83.9-66.7-51.5-37.5-12.1
近走と同じ調教パターン。力強いフットワークで駆け抜け、前走を使った上積みは大きそうだ。

チュウワウィザード(戸崎圭太)

1週前 栗東CW良 82.1-66.8-51.3-37.7-12.2
最終  栗東坂路良 52.4-38.0-24.8-12.4
僚馬トロイカを追走し、馬体を併せてからラスト1鞍上がステッキを入れて促すと良い動きを見せていた。態勢は整ったとみて良いだろう。

メイショウワザシ(高倉稜)

最終 栗東坂路良 53.2-37.7-24.4-12.2
今までと同じ調教パターン。前走(武蔵野S6着)から中2週になるが水準以上の時計はマーク。このメンバーの中どこまでやれるか。

モズアスコット(横山武史)

最終  栗東坂路良 55.2-40.3-26.4-13.2
今までと同じ調教パターン。中2週と言うこともあり坂路で単走軽めの仕上げ。前走は斤量59kgも響いた。ラストランを有終の美で飾れるか。

ヨシオ(亀田温心)

ジャパンカップからの連闘。

明日の重賞予想は競馬ブログランキングから!!(現在510位あたり)


最強競馬ブログランキングへ

タイトルとURLをコピーしました