【有馬記念2020特集】 有力馬情報まとめ!!

競馬

競馬初心者の方はあわせて『馬券の種類』『パドックの見方』もご覧ください!!

いざ春秋グランプリ制覇へ クロノジェネシス


参照;news.yahoo.co.jp

 

 今年の有馬記念の最有力馬はクロノジェネシスだ。3歳時にはクラシック3戦に出走し、桜花賞(GⅠ)3着オークス(GⅠ)3着秋華賞(GⅠ)1着と同世代を相手に堅実な走りを見せてきた。その後の古馬初対戦となったエリザベス女王杯(GⅠ)では5着に苦杯を喫したが、今年に入り京都記念(GⅡ)を快勝後に臨んだ大阪杯(GⅠ)では2着。宝塚記念(GⅠ)では歴戦の古馬を抑えて2着のキセキに6馬身差をつける大勝利となった。休み明けで迎えた天皇賞・秋(GⅠ)ではまだ緩さの残る仕上がりの中、アーモンドアイフィエールマンに続く3着と善戦した。有馬記念(GⅠ)では上積みも見込め、4歳秋になり本格化を迎え心身共に充実をしてきた。春のグランプリホースとして並居る強豪を抑えて春秋グランプリ制覇出来るのか期待が高まる。

牡馬の威厳を示せるのか フィエールマン

参照;https://moment.nikkan-gendai.com

 古馬の大将格はフィエールマンだ。3歳時にはキャリア3戦で迎えた菊花賞(GⅠ)初GⅠ制覇を飾り、4歳初戦のAJCC(GⅡ)では2着に敗れたが、続いて臨んだ天皇賞・春(GⅠ)では直線で抜け出したグローリーヴェイズとの追い比べを制して勝利。キャリア最短の6戦での天皇賞制覇となった。その後札幌記念(GⅡ)3着をステップに臨んだ凱旋門賞では、当日の馬場状態も悪く、欧州のタフな馬場にスタミナを奪われ、フォルスストレートで手応えがなくなり、失速し最下位の12着に敗れた。帰国初戦となった有馬記念(GⅠ)では厳しいローテーションの中4着と健闘した。5歳初戦で迎えた連覇を狙う天皇賞・春(GⅠ)ではスティッフェリオとの追い比べを制して連覇を達成した。その後は疲れや脚部不安などからレースに使えない状態が続き、宝塚記念(GⅠ)オールカマー(GⅡ)と連続して回避した。その後半年ぶりの実戦となった天皇賞・秋(GⅠ)でメンバー最速の上がりを使いアーモンドアイ2着と善戦した。去年は凱旋門賞からの有馬記念(GⅠ)と厳しいローテーションの中の有馬記念であったが、今年は天皇賞・秋からの有馬記念とローテーション的にも良い状態で臨めるだけに怖い存在になる。

優秀の美となるか ラッキーライラック

 参照;https://www.sankei.com/sports/news

 今年の大阪杯(GⅠ)エリザベス女王杯(GⅠ)覇者ラッキーライラックも楽しみな1頭だ。2歳時にはデビューから4連勝で阪神JF(GⅠ)を制覇しJRA賞最優秀2歳牝馬に選出される。3歳時は桜花賞トライアルチューリップ賞(GⅡ)こそ勝ったがその後のクラシック3戦は2、3、9着と勝利できず、その裏では同期のアーモンドアイが3冠を達成し、本馬にとっては不甲斐ない1年となってしまった。4歳を迎えて臨んだ中山記念(GⅡ)ではGⅠ馬が5頭出走する中2着に入り復調気配を見せたがその後の2戦は8、4着に敗れてしまう。その後秋初戦の府中牝馬S(GⅡ)3着をステップに臨んだエリザベス女王杯(GⅠ)ではC.スミヨンと初コンビを組み、最内を突いて一気に伸びて勝利し復活の兆しを見せる。その後臨んだ香港ヴァーズ(GⅠ)では海外の並み居る強豪が揃う中2着と善戦した。5歳初戦中山記念(GⅡ)2着後に迎えた大阪杯では有力馬が集まった中、内を割って抜け出しクロノジェネシスをクビ差交わしてGⅠ3勝目を手にした。続いて迎えた宝塚記念(GⅠ)では馬場が悪くなった影響もあり最後は伸びを欠いて6着に敗れてしまった。その後、放牧を挟み札幌記念(GⅡ)に参戦したが3着に敗れた。秋に入りエリザベス女王杯(GⅠ)ルメール鞍上で参戦。直線早めに抜け出すと、後続を振り切って連覇を達成した。レース後、有馬記念(GⅠ)を最後に引退することが発表されたがラストランを優秀の美で飾れるか注目が集まる。

4歳牡馬の意地を見せれるのか ワールドプレミア

 去年の菊花賞(GⅠ)覇者ワールドプレミアも上昇ムードだ。2歳時は新馬戦勝利後に臨んだ京都2歳S(GⅢ)では2番人気に押されたが3着に敗れる。3歳を迎えて初戦に選んだのは自己条件のつばき賞だったが勝利を飾る。その後皐月賞(GⅠ)のトライアルレースの若葉S(L)に臨んだがヴェロックス2着に終わり、皐月賞(GⅠ)の出走は叶わなかった。その後予定にしていた日本ダービー(GⅠ)青葉賞(GⅡ)ソエで回避した。復帰戦に迎えたのが菊花賞(GⅠ)のトライアルレースの神戸新聞杯(GⅡ)であったが3番人気の支持で3着に入り優先出走権を確保した。その後迎えた菊花賞(GⅠ)ではサートゥルナーリアの回避もあり、混戦模様の中、外から追い上げてきたサトノルークスをクビ差凌ぎ、初GⅠ制覇を飾る。その後臨んだ有馬記念(GⅠ)ではアーモンドアイリスグラシューサートゥルナーリアに続く4番人気に支持された。スタートで躓き最後方からの競馬となったが、最後の直線で猛然と追い込み3着に入った。4歳を迎えた今シーズンは天皇賞・春(GⅠ)を目標にしていたが体調が整わず春シーズンを棒に振ってしまった。秋に入り11か月の休み明けで臨んだジャパンカップでは長期休み明けというのもあり7番人気の低評価であったが6着と善戦した。長期休養明けで1回レースを使ったことによって馬の状態も上向いている中で有馬記念(GⅠ)に臨めるだろう。今年の4歳牡馬は芝GⅠで勝利がない。何とか意地を見せてもらいたい。

 

 他にも去年GⅠで2着3回、今年のジャパンカップ(GⅠ)で3冠馬3頭に続く4着と善戦したカレンブーケドールや一昨年の有馬記念(GⅠ)の覇者ブラストワンピース2017年の菊花賞(GⅠ)以来勝利からは遠ざかっているがこれまでにGⅠ2着4回と健闘しているキセキ、去年の優駿牝馬(GⅠ)覇者ラヴズオンリーユーなど8頭が参戦を予定しており、暮れに相応しいレースとなりそうだ。

応援してくださる方は競馬ブログランキングの方もワンクリックして頂けるとプチ励みになります!!


最強競馬ブログランキングへ

タイトルとURLをコピーしました