新潟記念2020  最終追い切り 見解

最終追い切り

アイスストーム(柴田大知)

栗東CW良 83.5-66.9-51.5-37.6-11.6
僚馬インビシブルレイズと併せて2馬身程度先着の好内容。前走は不良馬場だっただけに度外視して良い。状態は良さそうだ。

アイスバブル(戸崎圭太)

栗東CW良 86.8-68.9-53.7-39.1-12.8
格下の併走馬と併せて0.1秒の遅れ。年齢を重ねてズブさがでてきている。瞬発力勝負になると分が悪そうなのでタフな展開になる事が求められる。

アールスター(長岡禎仁)

インビジブルレイズ(北村宏司)

栗東CW良 84.1-67.4-52.0-38.1-11.9
併せたアイスストームに2馬身程遅れたが、全体時計は悪くはない。良馬場でできれば。

ウインガナドル(三浦皇成)

美浦坂路稍重 53.4-38.9-25.1-12.4
1週前追い切りである程度やっているので、最終追い切りは馬なりでの坂路調教。状態自体は前走より上向いているように見えるので期待したい。

カデナ(鮫島克駿)

栗東坂路良 53.5-37.9-24.7-12.5
栗東坂路での最終追い切り。最後減速ラップを刻んではいるが力強い伸びを見せていた。去年も同舞台で3着にきているだけに軽視禁物だ。

ゴールドギア(田辺裕信)

美浦南W稍重 69.5-53.5-39.9-12.6
南Wコースでの併せ調教で全体タイムも平凡の時計。調教では目立った時計を出すタイプではないのでそこまで心配する必要はないが、ある程度時計のかかる馬場になったほうがこの馬には向くのではないか。

サトノガーネット(松山弘平)

栗東坂路良 56.2-40.0-25.7-12.5
坂路コースで40.0-12.5と平凡の時計。1週前も目立ったタイムは出せていないので上積みは見込めなさそうだ。

サトノクロニクル(藤井勘一郎)

栗東坂路良 55.6-39.8-25.9-13.0
追い切りの時計自体は平凡ではあったが、動きはまずまず。得意の条件に戻るので軽視は禁物か。

サトノダムゼル(岩田康成)

美浦南W稍重 70.6-54.6-39.6-12.8
最終追い切りも前走と同水準くらいの時計。一回使っての上積みも見込め、新潟2戦2勝の得意舞台でどこまでやれるか。

サンレイポケット(荻野極)

栗東坂路良 53.2-38.5-24.9-12.4
栗東坂路コースで38.5-12.4と同水準以上の時計。ようやくここに来て本格化を見せており、初重賞挑戦で試金石の一戦となる。

ジナンボー(M.デムーロ)

美浦南W稍重 54.5-39.6-13.2
最終追い切りは馬なりでの軽めの調整。1週前追い切りでとても良い動きを見せていたのが好印象。前走からの上積みは大きい。

ピースワンパラディ(池添謙一)

美浦南W稍重 69.8-53.6-39.1-12.9
最終追い切りはウッドチップコースでの併せ調教で特に目立った時計は出していないが、1週前での調教が良かったので仕上がっているとみてよい。

ブラヴァス(福永祐一)

栗東P良 82.1-66.1-52.4-38.9-12.5
最終追い切りはポリトラックコースでの軽めの調整。1週前にある程度負荷をかけているので問題ない内容。七夕賞の時と同水準の出来くらいまではあるのではないか。

プレシャスブルー(石橋脩)

美浦南W稍重 67.3-53.0-39.4-13.2

メートルダール(丸山元気)

美浦南B稍重 69.3-54.0-39.9-12.5
最終追い切りは馬なりで軽めの調整。1週前に負荷をかけているので問題はないが、若干硬さが気になる。チークピーシーズをつけてどのくらい効果が表れるか。

リープフラウミルヒ(津村明秀)

美浦南W稍重 67.5-52.6-39.4-12.6

ワーケア(C.ルメール)

美浦南W稍重 69.3-53.8-39.4-12.8
最終追い切りでびっしり追われたが持ったままの相手に遅れをとった。春先に比べるとズブさが見受けられる。新潟の外回りなのでそこまで心配する必要はないが調教自体は物足りなさが残る。


最強競馬ブログランキングへ

タイトルとURLをコピーしました